So-net無料ブログ作成

利益剰余金の資本組入れ [会社法]






利益剰余金からの資本組入れには2つの類型あります。

1.その他利益剰余金を減少し資本金に組み入れるケース
2.利益準備金を減少し資本金に組み入れるケース

第1に、その他利益剰余金を減少し資本金に組み入れる場合は、会社法450条の規定に則り行います。
 株主総会の決議で、
 ①減少する剰余金の額、
 ②資本金の額の増加がその効力を生ずる日(効力発生日)を定めます。

第2に、利益準備金を減少し資本金に組み入れる場合は、会社法448条の規定に則り行います。
 株主総会の決議で、
 ①減少する準備金の額
 ②減少する準備金の額の全部または一部を資本金とするときは、その旨および資本金とする額
 ③準備金の額の減少がその効力を生ずる日を定める必要があります。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト