So-net無料ブログ作成

民法116条 無権代理行為の追認 [民法101条~150条]






民法116条 無権代理行為の追認

追認は、別段の意思表示がないときは、契約の時にさかのぼってその効力を生ずる。
ただし、第三者の権利を害することはできない。


解説
無権代理行為の追認は、別段の意思表示がない場合は、契約の時点にさかのぼってその効力を生じます。

別段の意思表示があれば、契約時を別の日にすることもできます。

第三者の権利を害することはできないとは、
例えば、Cが、Aの無権代理人Bと売買契約をしたとします。
その後、AがDと売買契約をし、Dが対抗要件を備えました。

この場合のDが民法第116条における第三者に該当し、もしもAがBの無権代理行為を追認しても、Dの権利を害することはできないということです。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト