SSブログ

民法第95条 錯誤③ [民法51条~100条]






錯誤の態様

錯誤は表示行為の錯誤と動機の錯誤に分けられる。

1.表示行為の錯誤とは?
  意思決定から表示行為に至る過程において錯誤が生じることを表示行為の錯誤といい、
  表示行為の錯誤には

  ①表示上の錯誤 と ②内容の錯誤がある。

  ①表示上の錯誤
   表示上の錯誤とは、言い間違いや書き間違いのことにより錯誤が発生する。
   例えば、契約書の購入代金が一桁書き間違いをした場合などが表示上の錯誤にあたる。

  ②内容の錯誤
   内容の錯誤とは表示行為の意義についての誤りにより発生する。
   例えば、契約書の購入代金の欄に「100ドル」と書くべきだったのに1ドルと1ポンドは
同じ価値だと誤信していたため「100ポンド」と書いてしまった場合が内容の錯誤にあたる。


2.動機の錯誤とは?

  意思表示そのものではなく動機から効果意思(内心的効果意思)に至る過程において、
錯誤が生じることを「動機の錯誤」あるいは「縁由の錯誤」という。
  
  動機の錯誤と民法95条の錯誤の関係については、
  ① 動機錯誤否定説(動機排除説)
  ② 動機表示錯誤説(動機表示必要説)
  ③ 一元的構成説(動機表示不要説)がある。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 法律相談 ちょこじぃ~の法律相談日誌 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
日払いバイト